<   2006年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

CT検査結果

とっても心配したけれど、異常なし。
良かった。
次回は血液検査のみということになりました。
10月13日です。
これで心配なくニセコに遊びに行けます~
[PR]
by makochanmakenaide | 2006-09-15 20:46

予定より早く……

熱はすっかり下がったものの、体のだるさ、こわさは変わらないという。
やっぱり心配なので、1週間早いけど病院へ連れて行くことにした。
PET検査をしてもらおうと思って……どうせ今頼んでも予約して後日になるんだから早い方が良いと思った。
看護士さんに予定より早いけど採血をして欲しい旨を伝え、先生の指示を仰いでもらった。
今回も早めに受付を済ませたので午後の診察開始まで時間がありすぎる。
受付に言って、食堂で昼食を食べることに。
夫はお蕎麦、私はカツ丼を食べた。まずまずである。

採血は早かったけど、結果が出るまでに40分はかかるのでこれまた待たされる。
呼ばれたのは3時かな……
結果は心配な数値は無いとのこと。白血球も5100だし、血小板も増えているし……
ただこの白血球はこれからまた下がるので要注意。
で、体のだるさ、こわさを訴えて検査をしてもらえるように話した。
先生は今のところはPET検査の必要は無いとのこと。
取り敢えず来週15日に胸部CTを撮ることになった。その次に脳のCTも撮るつもりだと。
私は頭が痛いとか、眠いとかっていう症状が脳の転移かとかなりビクビクしたけれど、転移のサインは文字が重なって見えたり、手が痺れたり、どちらかというと脳卒中の症状に似た感じらしい。ちょっとホッとした。
恐らく先生は抗ガン剤治療を一時止め、定期検査の間隔が開いた時や、先生が診て転移の疑いが見られた時にPET検査をしようと考えているのでは……
取り敢えずかなり心配したけれど、特に異常はなくホッと胸を撫で下ろす。
ビタミンの点滴をしてもらうことにした。
1時間程度で終わるということだったので、私は点滴室で本を読みながら待つことにした。
今回は何の異常もなく無事に終了した。
後は15日のCT検査結果がどう出るか……翌日からニセコなので……
いや、大丈夫絶対良い結果だ!信じて待つ!
[PR]
by makochanmakenaide | 2006-09-08 23:15

抗ガン剤治療ラストか?

今日は日帰り抗ガン剤治療の日。
最初に血液検査を済ませ、呼ばれるのを待つ。
午後の受付が12時からだと聞いたので今回は早めに来た。なので、思ったより早く呼ばれた。
2時半くらいに点滴室に呼ばれ、針が入ったのを確認して、前回同様私は部屋を後にした。
何だかとても眠かったので、車の中で30分ほど仮眠して、それから地下鉄のところの本屋さんへ。風水の本を購入。ミスドでコーヒーを飲みながら本を読んで時間を潰す。
先生の話を聞き逃したら大変なので、予定の時間より遥かに早めに病院に戻る。
点滴室へ入ると夫の顔が何だか赤い……
「大変だったんだ……」「え?何で?」
トイレに行った時に、急にガタガタと震えが来て止まらなくなって……
入院中にも同じ様な症状が出た。湯たんぽを入れてもらって、点滴を止めて……
熱は40度まで出たようだ。私が行った時には38度……恐らく下がり始めたところだったようだ……先生は半分残った抗ガン剤を勿体ないからやってしまおうと言ったらしい……
夫は熱がある割には元気だ。それにしてもビックリ……点滴前には平熱だったのに……
座薬も刺して様子を見る。
途中で点滴を中止したのでかなりの時間が経ち予定が大幅に崩れた。
点滴が終わったのは5時半を過ぎていた。それから先生の診察待ち……
夫を入れて3人残っていた。最後の最後だった。
先生は熱の原因は薬のせいとは考えにくいと……
でもそれ以外には考えられないと思う。血液検査の結果、炎症反応があったようだ。
この炎症反応は風邪の引き始めにも出るし、またガンの反応でもあるようだ。
一瞬不安になったけれど、先生はこの炎症反応はそんなに気にするものでもないとの見解だ。
取り敢えず熱は下がってきているので、15日に血液検査のため、来院するように言われた。
もし、土日も熱が続くようなことがあれば月曜日にでも来るようにとのことだった。
念のため、座薬を貰って帰ってきた。
もう7時近かった。とても晩ご飯の支度をする元気も無く……途中のほっかほっか亭でお弁当を買って帰ってきた。
やれやれ食べ終わった頃に、息子から心配して電話があった。
状況を話すと、やっぱり抗ガン剤の影響としか思えないだろう……との見解だった。
取り敢えず様子を見てまたメールすると告げて電話を切った。
食後に熱を測ったら、もう平熱になっていた。やっぱり薬のせいだろう……
[PR]
by makochanmakenaide | 2006-09-01 23:03