<< CT検査!クリア! またまたクリア! >>

奇跡の3年クリア!

夢にまで見た食道ガン宣告から丸3年が経ちました。
今日がその内視鏡の検査日でした。
夫の様子を見ている限り、クリア出来ると確信はしていました。
がっ!やはり結果を聞くまでは不安もあり……
今日の検査は朝一番なので、7時には家を出て、病院には8時ちょっと前に到着。
受付を済ませて呼ばれるのを待つ……受付番号が19番……あまり好きな番号じゃない……
靴のロッカーは6番を選ぶ!私のラッキーナンバーだ。
荷物のロッカーは10番……特に意味無し~笑~
4とか9はやっぱりあまり好きじゃない。

呼ばれたのが8時45分。夫が呼ばれた後は1時間ばかり待つのみとなる。
新聞を読んだりしながら待合室で待つ……次々と検査予約の人達が入ってくる。
胃の内視鏡検査は2週間待ち、大腸の検査は3週間待ちらしい。
この病院は先日も新聞に院長が載っていたけれど本当に食道ガンでは日本で3本の指に入る病院なのだ。
ここで治療してもらえたことは夫の人生を大きく変え、今こうして元気でいられるのも間違いなく先生方のお陰である。
丁度1時間くらいで夫が戻ってきた。
毎回のことだが、麻酔をかけて行うので本人全く自覚がない。
勿論苦しさも何もない。ただ喉にする麻酔の薬の味がえらく嫌らしい。
それは私も一度経験済みなので知っている。おぇっ!って来る。

程なくして主治医の先生に呼ばれ、別室へ。
ご挨拶をして席に着くなり「●●さん、今回も大丈夫ですよ!」と満面の笑みで~
「はぁぁぁぁ~良かった!」と夫と見つめ合う。安堵です。
今日の写真、前回の写真と見比べながらお話しを……
「きれいなままです!咽頭ガンや喉頭ガンにもなりやすいのでその辺もしっかり見ました。胃にちょっとタダレがありますが、胃ガンの方も問題ないです」とおっしゃいました。
本当にこうして3年を迎えられようとはあの当時のことを考えると奇跡としか思えないし、夢のようである。
何と言っても夫はステージ4であり、気管にも浸潤していたので手術は出来ない状態であったし、選択の余地は無く、放射線化学療法であったのだから。
色々なリスクを説明はされたが、やるしかない状況であったのだから。それしか助かる望みはなかったのだから……
入院中に夫より軽い方達が次々と亡くなっていかれた……放射線が効きすぎたり色々な副作用、影響があったり……
個室に移って苦しい思いをされていたのも知っている。
ネットで調べれば調べるほど、食道ガンの難しさ、怖さを知り、愕然としたものだった。
ステージ4で良いことを書いてあるHPは殆ど無かった。
その中でとても参考になる力強いHPがあったのだけど、その主宰の方も亡くなってしまったらしい……
私のブログはあくまでも、闘病の記録を残そうと思って始めたもので、誰かに見せたいと思って始めたものではない。
でも結果がこのように良い方向に向かったことで、ステージ4でもこういうことも有り得るということを情報として公にすることにした。
この結果には色々な要因があったのだとは思う。
何をしたから……ということでは無いのかも知れない。
夫が持って生まれてきた『寿命』なのかもしれない。
でも少しでも頑張って闘病している食道ガンの患者さんに希望を持ってもらえたら嬉しいと心から思う。
あの頃、ステージ4で調べた生存率……3年生存率の低さ……5年生存率のこれまた低さ……
しかし、それはあくまでも統計でしかありません。
夫がそうなるとは限らない!そう、義息子が言ってくれたこと、今でもはっきり覚えています。
エレベーターの中で声を上げて泣いた私に「生存率なんてたかが統計だよ。お父さんは絶対大丈夫。信じて頑張ろう!」と言ってくれた息子の言葉にただただ頷き涙したのだった。

多くの人達に支えられ、こうして3年をクリアできたこと、本当に本当に嬉しく思い、感謝の念でいっぱいです。
これからも毎回の検査を一つずつクリアしながら5年生存を目指したいと思います。

もし、このブログを現在闘病中の方が見て下さったなら……
どうか、希望を捨てずに前向きに頑張って下さい!
明るい光があなたに差すことを心から願っています。
[PR]
by makochanmakenaide | 2009-01-09 15:04
<< CT検査!クリア! またまたクリア! >>